2010年04月02日

「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か(産経新聞)

 大阪市西淀川区のマンションで乳児2人の遺体が見つかった事件で、西淀川署に死体遺棄容疑で逮捕された佐久真久仁子容疑者(37)が中学生の長男(13)を虐待した疑いがあるとして、大阪市こども相談センター(児童相談所)が調査していたことが1日、分かった。

 児童相談所や長男の複数の友人の証言によると、長男は小学生のころから、目や口元にあざをつくっているのを目撃されており、友人らに「母親の機嫌が悪いと殴られる」と打ち明けていた。ランドセルや一部の教科書を捨てられたといい、リュックサックで登校していた。遠足で弁当を作ってもらえず、教員が分けたこともあった。

 長男が通う中学校は、昨年春の入学後にこうした状況を把握。通報を受けた児童相談所が昨年6月に家庭訪問した際、佐久真容疑者は暴行の事実を認め、「子供にどう接したらいいかわからない」と打ち明けたという。

 友人の1人は「よくあざをつくっていてかわいそうだった」と証言。同級生の母親は「弁当を一緒に作ってあげようかと声をかけたことがある」と話している。

 児童相談所は以後10回近く家庭訪問を繰り返し、最近は暴行はないと判断していた。佐久真容疑者の妊娠には気付かなかったという。

 西淀川署は同日、最初に遺体で見つかった男児に対する死体遺棄容疑で、佐久真容疑者を送検した。

【関連記事】
西淀川の2乳児遺体、男児は出産時生存か
別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる
「夫の暴力怖くて…」責任なすり合い、親らしい姿最後までなく

郵政改革、亀井氏の「最終案」ベースに調整…首相(読売新聞)
<自立支援法訴訟和解>国と原告「共に考え」(毎日新聞)
「ヤミ専従」98人に 北海道開発局 国交省が4119人処分へ(産経新聞)
「5月決着」目指し協議へ=普天間移設で日米外相(時事通信)
<事業仕分け>新人議員の参加、小沢幹事長認める(毎日新聞)
posted by クマクラ ヒデアキ at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。